OPENWORK


オープンワーク株式会社は2019年に、それまで10年以上運営してきたVorkersというサービスから、サービス名を含めたリブランディングを行いました。企業の社員・元社員の生の声をシェアするプラットフォームを運営することで、ジョブマーケットの透明性を向上することに貢献してきた会社として、どんなメッセージでどんなサービスに生まれ変わることがベストかを、半年かけて提案・議論し、リブランディングのコミュニケーションデザイン展開までデザインで向き合いました。



Vorkersという元々のサービス名はVoice of workersからできたネーミングでしたが、何のサービスか分かりにくく、一回で覚えにくいという課題感から、様々なサービスネーミングを検証した結果、OpenWorkというサービス名に決定し、リブランディングにおけるコミュニケーションメッセージも、新しいサービス名の認知に直結させるために、「働く」のすべてを、オープンに。というストレートなメッセージで展開しました。

→OpenWorkサービスページ



「働く」のすべてを、オープンに。というリブランディングのメッセージを、◯◯◯◯を、オープンに。というフレームとして展開するOOHのコミュニケーションデザインに落とし込み、都心を中心に展開しました。WEBをプラットフォームにしたサービスですが、あえてOOHというメディアを使用してリアルに働く人たちにコミュニケーションをしたいというクライアントの想いを実現しました。PRで話題化するために、「社員クチコミ図書館」という、社員クチコミ本が実際に読むことができる特殊なOOH企画も実施しました。


DESIGND:STAFF

  • TOMONORI SAITO(CREATIVE DIRECTION / ART DIRECTION / BRAND DESIGN / IDENTITY DESIGN)
  • NAOKI KUMAMOTO(MOTION GRAPHIC DESIGN)
  • SATOSHI NOGUCHI(GRAPHIC DESIGN)
  • CREATIVE AGENCY:
  • DENTSU(CREATIVE DIRECTION / COPY WRITING / PLANNING / BUSINESS PRODUCING)
  • PRODUCTION:
  • AMANA(PHOTOGRAPHY & RETOUCH)
  • DESIGN PARTNER:
  • KURUMI FUJIWARA
  • EDP GRAPHIC WORKS(MOTION GRAPHIC DESIGN)

Other Works